{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

Impact-Company-Logo-English Black-01-177x54

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

FAQを参照する

PowerChute Business Edition 使用ポートとプロトコル

PowerChute Business Editionで使用しているポートとプロトコルの説明です。
v10以降とv9.x以前では異なります。
バージョンごとの使用するポートとプロトコルは以下の通りです。

v10.0のポートとプロトコル

PorttextPortProtocol 用途
任意
(Console)
<->6547
(Agent)
TCP エージェントアクセス (Webブラウザ使用) *SSL

* v10では、PowerChute Business EditionのWebユーザインターフェイス (WebUI)に対して、
Webブラウザにて直接ローカルマシン、もしくはリモートでアクセスし、状態・設定確認、変更します。

・v10から、エージェント, サーバー, コンソールのモジュール構成は廃止されました。



● サポート終了バージョン

v9.x以前のポートとプロトコル

PorttextPortProtocol用途
任意
(Server)
<->2161
(Agent)
TCP サーバ - エージェント間通信
*Server connection SSL
任意
(Console)
<->2260
(Server)
TCP コンソール - サーバ間通信
*Server connection SSL
任意
(Console)
<->2160
(Server)
UDP コンソールからのサーバ検出
任意
(Server)
<->2161
(Agent)
UDP サーバからのエージェント検出
任意
(Console)
<->3052
(Agent)
TCP コンソール - エージェント間通信、ログ表示
任意
(Console)
<->6547
(Agent)
TCP コンソール - エージェント間通信 *SSL
v9.0.1以降
7845
(APCSnmp.dll)
<->7846
(Agent)
UDP エージェント - SNMP component for Windows間通信

*PowerChute Business Edition v9.xはサポートを終了させていただきました。

・ PowerChute Business Editionを使用される際には上記のポートが開放されていることを確認してください。
・ Server connection SSL: データはSSLで暗号化されます。
・ v9以前は、PowerChute Business Edition エージェント、サーバーモジュールをインストールし、エージェントがサーバーを介して通信、アクセスする構成になっています

01

図: PowerChute Business Edition v9.x以前の概念図
(サポート終了バージョン)

Schneider Electric 日本

詳細を見る
詳細を見る