テクニカルFAQ

質問

APC製品に対する絶縁抵抗試験および絶縁耐圧試験の実施の禁止に関して

APC製品へ対する絶縁抵抗試験および絶縁耐圧試験を実施することは禁止させていただいております。

 

APC製UPSは、一般商用電源AC100Vを対象に正常動作(オンライン動作)する機器であり、絶縁耐圧試験、絶縁抵抗試験などの試験により一般商用電源(AC100V)より過大な電圧を機器に加えた場合、機器は損傷を起こし故障にいたる恐れがあります。
UPSの入力部にはサージ吸収素子が実装されていますので、正確な値が測定できないうえ、故障にいたることから絶縁抵抗試験は実施しないでください。

製品に同梱されています冊子「ユーザーズマニュアル」もしくは「APC製UPS(無停電電源装置)をご使用にあたって」の記載とおり、弊社製品に対して絶縁耐圧試験、絶縁抵抗試験を実施することを禁止いたします。

絶縁耐圧試験、絶縁抵抗試験による機器の故障に対し、保証は適用されませんので製品交換、修理対応はお受けいたしませんこと予めご承知おきください。
 

これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?