{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ)のディスプレイ メニュー [Configuration・設定] Advancedモード

Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ)のディスプレイ インターフェースの"Advancedモード"で表示される Configuration (設定)の項目についての概要です。

Menu Typeにて "Advanced" に設定されている場合での表示項目の説明となります。

Configuration (セッテイ)の項目では、UPS本体に保存される各種設定項目の確認、変更が可能です。
Advancedモードの場合にはStandardモードの項目に加え、感度、AVRの作動しきい値、アウトレットグループの作動時間設定等の変更がUPS本体にて可能になります。

メインメニューから前面パネルの操作ボタンの上下キーで、Configuration (日本語表示:セッテイ)をエンターキーにて選択、∨キーにて各項目の設定項目が以下の順に表示されます。
 

         
         
SMT, SMXシリーズの LCD, 操作ボタン配置
SMT1200RMJ1Uの LCD, 操作ボタン配置





 * Main Menuの黒、Configuration Menuの朱色の項目がAdvancedモードのみで表示される項目となります。
text
項目
表示例(英語)
表示例(日本語)
内容
デフォルト
1
言語Language:
English
ゲンゴ:
ニホンゴ
ディスプレイの言語の設定です
English (英語) / ニホンゴ (日本語)
English
2
電源品質設定Local Power
Quality: xxxxxxx
ゲンチ デンリョク
ヒンシツ:xxxxxxxx
利用環境の電力状態に応じて設定を変更ください
選択した品質に対し、感度、トランスファーポイントを適切な設定にします
Good(良好) / Fair (普通) / Poor (不安定) / [Custom]
Good
リョウコウ
3
メニュー タイプMenu Type:
Advanced
メニュー タイプ:
アドバンス
ディスプレイのメニュータイプを設定できます
Standard (スタンダード) / Advanced (アドバンス)
Standard
スタンダード
4
アラーム音Audible Alarm
xx
アラームオン:
xx
アラーム(警告音) を設定できます
ON / OFF
ON
5
LCDバックライトDisplay:
Always xx
ディスプレイ:
ジョウジ xx
LCDのバックライト設定
Always On (常時ON) / Auto Dim (オート ダーク) / Auto Off (オートOFF)
Always On
ジョウジ ON
6
感度Sensitivity:
xxxxxxx
カンド:
xxxxxxxxx
電源の乱れに対するUPSの検知感度を変更できます
Normal (標準) / Reduced (弱め) / Low (ロー)
Normal
ヒョウジュン
7
トランスファーポイント[下限]Low Transfer:
xx V
ロー トランスファー:
xxV
電圧降下に対するAVR Boostの作動しきい値の設定です
92V 〜 86V
92V
8
トランスファーポイント[上限]High Transfer:
xxx V
ハイ トランスファー:
xxxV
電圧上昇に対するAVR Trimの作動しきい値の設定です
108V 〜 114V
108V
9
ローバッテリ警告Low Battery
Warning: xxx s
ロー バッテリ
ケイコク: xxx s
ローバッテリ信号時間の設定です。
推定バックアップ時間が減少した際のしきい値設定になります
120s
10
自動セルフテストAuto Self Test:
xxxxxxxxxx
オート セルフ テスト:
xxxxxxxxxxx
自動セルフテストの実行条件の設定です
Never (なし) / Startup Only (起動時のみ)
Startup + 7Days (起動時および7日ごと)
Startup +14Days (起動時および14日ごと)
Startup + 7 Since (起動時と前回のテストから7日ごと)
Startup +14 Since (起動時と前回のテストから14日ごと)
Startup+14 Since
スタートカラ14ニチ
11
バッテリ搭載時期Battery Install
Date: xxx-xxxxx
バッテリ インストール
ヒヅケ: xxx-xxxxx
バッテリインストール時期(月-年)
バッテリを新規に交換をされた際にはその時期を設定してください
12
エネルギーメータ リセットReset Energy
Meter: xx
エネルギー メーター
リセット: xx
エネルギーメータをリセットをします
No
13
セットアップウィザードEnter Setup
Wizard: xx
セットアップ ウィザード
カイシ: xx
項目の設定をウィザード形式で変更可能です
No / Yes 
No
14
初期値へ戻すReset to Factory
Defaults: xx
コウジョウ ショキチ ヘ
リセット: xx
工場出荷時の設定に戻す
No / Yes
No
15
メインアウトレット設定Config Main
Group Outlets:
セッテイ メイン
グループ コンセント
- メインアウトレット設定メニューtext
16
アウトレットグループ 1 設定Config Group 1
Outlets :
セッテイ グループ 1
コンセント:
- アウトレットグループ 1 設定メニューtext
17
アウトレットグループ 2 設定Config Group 2
Outlets :
セッテイ グループ 2
コンセント:
- アウトレットグループ 2 設定メニューtext
18
NMC設定Config NMC:セッテイ NMC:オプションのNetwork Management Card (NMC)を装着時にIPアドレスの設定が可能です。
NMC使用時にのみ表示されます
text
【備考】
2. 電源品質設定について
UPSを利用している環境の電力状態に応じて設定を変更ください。この選択した感度、トランスファーポイントを最適な設定にします。
感度、トランスファーポイントを別途、個別に変更した場合にはこの項目にはCustomと表示されます。

4. アラーム音設定
本項目にてアラーム(警告音)のOn/Offの選択、設定が可能ですが、警告音は有効な装置の状態把握の手段であり、Onのまま運用いただくことを推奨致します。

10. 自動セルフテスト
セルフテストはバッテリの状態をテストし、その結果によりバッテリ交換LED点灯等の異常を知らせる機能を含みます。
この機能を無効にするNever(ナシ)を選択可能ですが、選択しないことを強く推奨します。

Startup + 7Days (スタートカラ +7 ニチ ), Startup +14Days (スタートカラ +14 ニチ) :
UPSの出力開始時にセルフテストを実行、またUPSの最初の起動から起算して7日(14日)周期のテスト実行の設定です。
自動もしくは手動のセルフテストの実行の有無にかかわらず、UPSのブレインオンから毎週(隔週)の同時刻で自動セルフテストが実行されます。

Startup +7 Since (スタートカラ +7 ニチ イコウ), Startup +14 Since (スタートカラ +14 ニチ イコウ) :
UPSの出力開始時にセルフテストを実行、またUPSの出力開始時や手動のセルフテスト実行などの前回のセルフテスト実行に対して、7日(14日)おきにテスト実行の設定です。
自動もしくは手動にてセルフテストが実行されると、次回はその7日(14日)後の同時刻に自動セルフテストが実行される設定です。


Sub Menu : [ アウトレット 設定メニュー ]
text
項目
表示例(英語)
表示例(日本語)
内容
デフォルト
(設定可能値)
1
起動待機時間Turn On Delay
xx s
キドウ タイキ ジカン:
xx s
UPS起動後のコンセントの出力に対して、設定時間後に開始する設定が可能です
0 s
( 0 〜 1800 sec )
2
停止遅延時間Turn Off Delay:
xx s
テイシ タイキ ジカン:
xx s
UPSが停止する命令を受けてから出力を止めるまでの遅延時間設定です
90 s
( 0 〜 1800 sec )
3
再起動期間Reboot Duration:
x s
リブート キカン
x s
リブートして出力停止から起動の出力電源の停止時間の設定です
8 s
( 0 〜 300 sec )
4
再起動時のランタイム残量Minimum Return
Runtime: x s
サイショウ リターン
ランタイム x s
再起動時にこの指定したランタイム時間が満たされている状態にて出力を開始します
0 s
( 0 〜 3600 sec)
5
バッテリ運転時の負荷制限
(時間)
LoadShed Time On
Bat