{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ)のディスプレイ メニュー [Logs・ログ] Advancedモード

Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ)のディスプレイ インターフェースの"Advancedモード"で表示されるLogs (ログ)の項目についての説明です。   

Menu Typeにて "Advanced" に設定されている場合での表示項目の説明となります。
Logs (ログ)で、Xfer Event(キリカエ イベント) にて過去10件のバッテリ運転や出力停止、セルフテストの実行とその解除理由、Fault Eventで故障理由の記録が確認可能です。
メインメニューから前面パネルの操作ボタンの上下キーで、Logs (ログ)をエンターキーにて選択、∨キーにて各項目の状態が以下の順に表示されます。
 

         
         
SMT, SMXシリーズの LCD, 操作ボタン配置
SMT1200RMJ1Uの LCD, 操作ボタン配置



 
項目
表示例(英語)
表示例(日本語)
内容
デフォルト  
切り替えイベント  Xfer Events 1:    
xxxxx
キリカエ イベント 1:    
xxxxx
バッテリ切り替えイベント内容  
故障イベントFault Events 1:
xxxxxx
コショウ イベント1:
    xxxxx
故障イベント内容


【主な切り替えイベント (Xfer Event) 】
 
イベント表示
イベント内容
[作動理由]
Self Test (セルフテスト) 
セルフテストにおけるバッテリ運転                                                 
Local UI Command (ローカルUI コマンド)フロントパネルスイッチによる出力停止、リブート等
Protocol Command (プロトコルコマンド)PowerChute、Network Management Cardの操作よる切り替え
Distorted Input (ニュウリョクヒズミ)入力電源波形の歪み検出してのバッテリ運転
Rate Of Change (シュンジヘンドウ)短時間電圧変化を検出してのバッテリ運転
 
[解除理由]
Test Ended (テスト シュウリョウ)              セルフテスト終了のオンライ運転                                                  
Accetable Input (Input カイフク)入力電源の正常性確認後のオンライン運転
Error Cleared (エラークリア)障害復旧を検出してのオンライン運転への切り替え       

【備考】
・UPSでは常時、入力電源の波形等から電源異常を検知し、瞬時にバッテリ運転に切り替わり負荷機器を電源保護します。
 一般的な"停電"についてもUPS上では電源が途絶えてから切り替わるのではなく、瞬間的なDistorted Input (入力波形歪み)、Rate Of Change (瞬時電圧変動)において切り替わり、ログとして記録されます。

・最新のログはXfer Events 1、Fault Events 1(キリカエ イベント 1、コショウ イベント1)に記録され、最大10個ロギングされます。
 記録上はXfer Events 10、Fault Events 10となります。
 11個目のログは、1個目にロギングされ10個目のログから削除されていきます。