{}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

2台以上のPowerChute Network ShutdownからSmart-UPS LCD (SMTシリーズ)をグレースフルシャットダウンした場合にUPSのOutlet Groupが設定と異なる時間で出力がオフする

2台以上のPowerChute Network ShutdownからMain Outlet Groupを有するSmart-UPS LCD [SMT series] をグレースフルシャットダウンした場合にUPSのOutlet GroupのPower Off Delayと異なり、PowerChute Network Shutdownのシャットダウンに必要な時間を使用してOutlet Groupの出力をオフします。

【現象】
2台以上のPowerChute Network ShutdownからMain Outlet Groupを有するSmart-UPS LCD [SMT series]をグレースフルシャットダウンした場合に
UPSのOutlet GroupのPower Off Delayと異なり、PowerChute Network Shutdownのシャットダウンに必要な時間を使用してOutlet Groupの出力をオフします。

PowerChute Network Shutdownのシャットダウンに必要な時間がOutlet GroupのPower Off Delayよりも短い場合に設定より早くUPSが出力をオフする。

例:
次の設定で「UPS: On Battery」イベント時にUPSをシャットダウンした場合、シャットダウン開始後120秒にOutlet Group1はオフになります。
その120秒後にMain Outlet Groupがオフになります。

Main Outlet GroupのPower Off Delay: 300秒
Outlet Group 1 のPower Off Delay: 300秒
PowerChute Network Shutdownのシャットダウンに必要な時間: 2分

・PCNSのシャットダウンに必要な時間
PCNSのシャットダウンに必要な時間はPCNSのConfigure Shutdownの設定画面にて、Run this command file (full name).に対して設定した
「The command file needs this much time to complete (seconds.)」に70秒を加えた値を、分単位に切り上げた値となります
Run this command fileを設定しない場合、デフォルトでは2分になります。

【発生条件】

  • UPS: Main Outlet Groupを有するSmart-UPS LCD [SMT series]
  • Netwrok Management Card 2
  • PowerChute Network Shutdown
    (1) 2台以上のPowerChute Network Shutdownを1台のUPSに対して監視設定
    (2) [Configure Shutdown]設定が[Turn off the UPS after the shutdown finishes]に設定されている


【回避方法】
Main Outlet Group有のUPSに複数のPowerChute Network Shutdownを使用する場合は、
1台のみ[Configure Shutdown]設定を [Turn off the UPS after the shutdown finishes] に設定して下さい。

残りのPowerChute Network Shutdownは[Configure Shutdown]設定を [Do not Turn off UPS.] でお使い下さい。

【補足】
PowerChute Network Shutdownの[Configure Shutdown]設定が[Turn off this servers Outlet Group at the UPS after the shutdown finishes. ]に設定されている場合は発生しません。

このFAQはお役に立ちましたか?

詳細を見る
製品:
PCNS
製品群:
Smart-UPS
詳細を見る
製品:
PCNS
製品群:
Smart-UPS