{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Smart-UPS VTで検出するsystem not synchronized to bypassの概要

Smart-UPS VTシリーズにて検出する、system not synchronized to bypassについてご説明致します。

Smart-UPS VTシリーズにて
 1.定格入力電圧200V/208Vに対し、バイパス入力電圧が定格電圧の±10%を越えた場合
 2.入力周波数が許容周波数を越えた時
のいずれかに該当する場合に" system not synchronized to bypass "を検出、表示します。
保守バイパスに移行出来ないことを通知するアラートメッセージとなり、本体内部の障害ではありません。

【警報復帰の条件】
入力電圧および周波数が仕様範囲に収まることで復帰します。
なお、設定変更によりアラートを復帰できる場合があります。

【設定の変更方法】
PowerViewのStatus画面より、現在の入力電圧および設定値を確認し、変更することができます。
変更に伴う運転への影響はありません。

PowerViewトップ画面より
(1)Setupへ移動し、リターンキーを押す
(2)Settingメニュー内、Systemへ移動し、リターンキーを押す
(3)Freq. Range(同期範囲)へ移動し、リターンキーを押す
(4)設定値を+/-10Hzに変更する
(5)Escキーを押し、一つ前の画面に戻り、Slew rate(スルーレート)が規定値より低い値で設定されていないか確認

規定値は、それぞれ以下の設定となります。
 

Freq. Range+/-3 Hz
Slew rate1 Hz/ sec

 

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。