{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Dry Contact I/O AP9610からAP9613へ入れ替えていただく際の注意点

AP9610の後継型番がAP9613になりますが、接点の接続方法が異なるため、その注意点を説明いたします。


【接点の取り付け方】

AP9610(旧製品)
 ・付属の端子台に接続ワイヤを取り付ける
 ・お客様でご用意いただくオス 25ピンDコネクタで接点信号を受け取る
  上記2点のいずれかの方法をとることが可能でした。
 
付属端子台25ピンDコネクタ
 

 
AP9613
 カードの基板上に端子台があり、ここに接続ワイヤを取り付ける
 
基板上の端子台
 

上記の通り、AP9610とAP9613とで接点の取り方が異なります。
特に25ピンDコネクタで接続いただいている場合はAP9613で、そのままの利用できません。
25ピンDコネクタで利用している場合は、お手数をおかけしますが各接続機器から接続ワイヤを
直接AP9613の端子台に接続頂けますようお願いいたします。

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。