{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Dry Contact I/O SmartSlot Card (AP9613) Configuration Utilityの利用方法

Dry Contact I/O SmartSlot Card (AP9613) のConfiguration Utilityについて説明します。

Dry Contact I/O SmartSlot Card (AP9613)は、入力信号及び出力信号の項目を変更するConfiguration Utilityの機能があります。

本設定画面をご覧頂くための方法を下記に記載いたします。
※本設定はRelay I/O Card(AP9613)のディップスイッチが設定4のとき有効となります。
  ディップスイッチの設定はこちらを参照してください。


1. Relay I/O Card(AP9613)に同梱されたUSBケーブルを、当該カードとWindowsのパソコンに接続すると、Windowsでリムーバルディスクとして認識します。(図1参照)
 
図1. リームバルディスク
 

2. 認識されたリムーバルディスクにRUNME.HTAファイルがあり、本ファイルを実行します。(図2 参照)
 
 
図2. RUNME.HTA
 


 
3. 『Dry Contact I/O SmartSlot Card Configuration Utility』 が表示されます。Configrationタブを選択することにより、信号接点に項目を割り当てることができます。(図3 参照)
 
図3.Dry Contact I/O SmartSlot Card Configuration Utility

 

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。