{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

Impact-Company-Logo-English Black-01-177x54

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

FAQを参照する

Network Management Card 2 (AP9630J, AP9631J) Compensating for a High / low input voltage. を検知した際の対処方法

Network Management Card 2 (AP9630J, AP9631J) のイベント、
" Compensating for a High input voltage. " と " Compensating for a low input voltage. " は、
ラインインタラクティブ方式のUPSの自動電圧調整(AVR)機能が動作した際に出るイベントです。

対象のUPSは、Smart-UPS LCD SMTシリーズ、Smart-UPS X SMXシリーズ、Smart-UPS SUAシリーズが、
ラインインタラクティブ方式のUPSで、AVR機能を有しています。

イベントの発生、解消のログは以下の通りです。

発生時のログ
イベント内容
Compensating for a High input voltage.
入力電圧が高いため電圧を補正しています
UPSの電源取得している入力電圧が高いことを検知し、
UPSが 電圧自動調整で、電圧を降圧して、
100Vに近づけて電源供給をしています。
(AVR Trim作動)
Compensating for a low input voltage.
入力電圧が低いため電圧を補正しています
UPSの電源取得している入力電圧が低いことを検知し、
UPSが 電圧自動調整で、電圧を昇圧して、
100Vに近づけて電源供給をしています。
(AVR Boost作動)

解除時のログ
イベント内容
No longer compensating for a high input voltage
入力電圧が高い状態が解消されました
UPSの入力電圧が下がり、AVR Trimが解除されました
* Compensating for a high input voltage. の解除イベント
No longer compensating for a low input voltage
入力電圧が低い状態が解消されました
UPSの入力電圧が上がり、AVR Boostが解除されました
* Compensating for a low input voltage.の解除イベント


【イベントについて】

ご使用されている環境において、入力電圧が設定している閾値を超えたことでAVR機能が作動したことを示しています。
UPSの電圧調整機能が作動していることを示すこのイベントに対して、すぐに対処する必要はございません。

ただし、" Compensating for a High input voltage. " もしくは " Compensating for a low input voltage. "
のイベントが、一日に何度も発生している場合には、UPSが期待する使用期間よりも早い故障につながりますので、
環境の見直し、UPS本体の設定変更が必要になります。

AVR機能についての説明及び対応方法については以下のページに説明がありますのでご確認ください。

・ Smart-UPS LCD SMTシリーズ、Smart-UPS X SMXシリーズ
対象型番: SMT500J, SMT750J, SMT1000J, SMT1500J, SMT2200J, SMT3000J
SMT750RMJ1U, SMT1200RMJ1U, SMT1K2URJ1U, SMT1500RMJ2U, SMT3000RMJ2U
SMX3000RMJ2U,  SMX3000RMHV2UJ

Webページ: Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ)のAVR Trim/AVR Boost機能について

・ Smart-UPS SUAシリーズ
対象型番:SUA750RMJ1UB
[サポート終了製品]
SUA500JB, SUA750JB, SUA1000JB, SUA1500JB, SUA2200JB, SUA3000JB
SUA1500RMJ2UB, SUA3000RMJ2UB

Webページ: Smart-UPS (SU/SUAシリーズ)のAVR Trim/AVR Boost機能について


Schneider Electric 日本

詳細を見る
詳細を見る