{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Smart-UPS RTのファン動作について

Smart-UPS RT 本体内蔵ファンの動作についての説明です。Smart-UPS RTではUPSが作動している間、搭載しているファンを常時作動させる仕様となっております。
出力を停止している際も入力に電源が来ている場合には、UPS内臓ファンを回転させ、内部温度を調整します


ファンの回転スピードは2段階で調整します。
 ・ハイスピード 
 ・ロースピード
通常はファンはロースピードで回転していますが、以下のいずれかの条件に当てはまる場合、ハイスピードで回転します。


【ファンがハイスピードになる条件】
1. 負荷容量が75%以上接続されている場合
2. 内部温度が40℃以上になった場合
3. オンライン運転で、かつ入力電圧が160V以下になった場合
     (SURTA1500XLJ、SURTA2400XLJは、オンライン運転で、かつ入力電圧が80V以下になった場合)
 
 
【ファンがハイスピードからロースピードへ戻る条件】
1. 負荷容量が65%以下へ低下した場合
2. UPS内部温度が30℃以下へ低下した場合
3. 入力電圧が170V以上になった場合
  (SURTA1500XLJ、SURTA2400XLJは、入力電圧が85V以上になった場合)

注)UPSがオンバッテリ運転でも上記の条件を満たさない場合はロースピードでファンは回転します。

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。