{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

Impact-Company-Logo-English Black-01-177x54

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

FAQを参照する

バッテリー交換手順 APC CS (BK350JP, BK500JP) : サポート・バッテリー販売終了製品

APC CS 350 (型番: BK350JP), APC CS 500 (型番: BK500JP) のバッテリー交換手順です。
本製品の交換用バッテリーキットの販売は終了させていただいており、
本コンテンツは、バッテリーの取り外し方の参考にしていただくための内容になっております。

【ご注意】
サポート期間が終了した製品です、
安全のためにご使用を中止し、後継機種にお買い替えください。


APC CS 350 (型番: BK350JP), APC CS 500 (型番: BK500JP) は、
製品販売終了より10年以上を経過した製品で、製品サポートを終了させていただきました。
また、バッテリーの販売についても安全のため終了させていただきました。

(バッテリー販売終了について)
安全を考えて耐用年数を超えた製品の使用を控えていただくための交換用バッテリーの販売終了であることに
ご理解をいただき、また、弊社UPSの互換バッテリーと謳った製品の使用によるトラブルに関しましては、
弊社では一切の対応はできかねることご承知おきください。



【内容】
本コンテンツは正しく作業をバッテリーを外していただくために引き続き公開しておりますが、
本機器のUPSの保守サービス対象期間(製品サポート期間) は 5年です。
今後バッテリー交換時期を迎えた機器、長期間ご使用されていなかった製品については、
ご使用を中止いただき、本体の新規お買い替えをお願いいたします。

参考: APC UPS 後継機種型番一覧
後継製品は、BK350JPはBR400S-JP, BK500JPはBR550-JP が相当します。

APCブランド製品を新規にご購入いただくと
ご使用中のUPSを無料でお引き取りするプログラムを用意しております
Trade-UPS - UPS買い替えプログラム






【はじめに】
APC CS 350 (型番: BK350JP), APC CS 500 (型番: BK500JP) の交換用バッテリーキット型番: RBC2J は、
販売を終了させていただきました。以下、バッテリーの取り外し手順の説明です。


● 製品外観

BK500JP RBC2J

本体写真: BK500JP 交換用バッテリーキット写真: RBC2J (販売終了)
製品名: APC CS 500 製品名: APC CS 500/APC CS 350 交換用バッテリーキット

* BK350JPは本体フロントプリントがCS 350 の表記です。交換用バッテリーキットは 型番: RBC2J (販売終了) です。


【バッテリー交換手順】

バッテリーの取り外し
1. 作業中、本体を倒しますので、予め負荷機器ならびにUPSの電源を切り、
負荷機器のコンセントを抜いたうえで作業を開始してください。

2. UPSに接続された機器をすべて取り外した後、電源を切って商用電源からUPSの入力ケーブルを抜きます。
UPSを完全にオフにしたのち、 前面パネルから見て右側が上側になるようにゆっくりと倒して、バッテリカバーを取り外します。

01


3. 引き出しラベルを持ち、ラベルの端が見えるまでゆっくりと引き出します。


02


4. バッテリケーブルレバーを押し込み、プラス(+)端子に接続してあるケーブルを取り外します。
プラス(+)端子に接続してあるケーブルを取り外します。次に、電源スイッチを2~3回押して放電します。
マイナス(-)端子に接続してある黒いケーブルを取り外し、バッテリーを本体から取り外します。


03


バッテリーの取り外しの手順は以上です。



----------


【交換後の使用済みバッテリーについて】
交換後の使用済みバッテリーについては、弊社で承っております。
送料元払い(お客様負担)となりますが、事前の申し込みや処理費用は不要です。
購入したバッテリーキットの梱包箱は捨てずに取り外したバッテリーの送付時にご利用ください。​​​​​​
参考: APC UPS 使用済みバッテリー発送方法


本モデルは販売終了から10年以上経過しており、サポートを終了させていただきました。
UPS本体の耐用年数は日本電機工業会による指針にて約5-6年と定義されており、
安全のためにも弊社での本製品の交換用バッテリー販売は終了しております。
耐用年数が経過している機器は正常に動作しているものであっても
今後の安定性や信頼性の低下が懸念される時期であることから、機器を安全に保護していただくため
ご使用を中止していただき、バッテリー交換ではなく本体をお買い替えくださるようお願いいたします。

【参考】
APCブランドUPSの処分方法

Schneider Electric 日本

詳細を見る
詳細を見る