{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Symmetra LX のバイパス切り替え特性について

Symmetra LXのバイパス切り替え特性についてご説明いたします。

1. バイパス種類

自動バイパスおよび手動バイパス


2. 自動バイパス切替可能入力電圧範囲:

Bypass Setting 「GO TO BYPASS」(デフォルト)の場合: 78 〜 110V (Line-Neutral) / 156 〜 220V (Line-Line)
Bypass Setting 「DROP LOAD」の場合: 88 〜 106V (Line-Neutral) / 176 〜 212V (Line-Line)

*上記範囲を逸脱した場合、Fault LEDが点灯するとともに「Bypass Out of Range」のメッセージが表示され、故障時の自動バイパス切替は不可となります。
 

3. 手動バイパス切替可能入力電圧範囲:
88 〜 106V (Line-Neutral) / 176 〜 212V (Line-Line)
 
*上記範囲を逸脱した状態で操作・コマンドによるバイパス切替を行った場合、「Bypass Out of Range」のメッセージが表示され、切替は不可となります。
(メンテナンスバイパスは使用可能)

4. 切替時間(ライン−バイパス)
通常6m秒 *自動バイパスおよび手動バイパス時

5. 切替閾値検出精度
電圧±2%、周波数±1%

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。