テクニカルFAQ

質問

PowerChuteでWindowsのログオン画面の状態(ユーザ名、パスワード入力待ち画面)にてシャットダウンプロセスが実施されない

PowerChute Business Edition、PowerChute Network ShutdownでWindowsのログオン画面にしている場合に電源障害やスケジュールにおいて、コンピュータがシャットダウン開始しない場合の説明です。


PowerChute Business Edition、PowerChute Network Shutdownにて電源障害等発生した場合、コンピュータを安全にシャットダウンするようにOSのシャットダウンを実行しますが、ログオン画面(ユーザ名、パスワードの入力画面)の状態の場合にはシャットダウンプロセスが実行出来ません。

この弊社電源管理ソフトウェアPowerChuteが [Windows へログオン] ダイアログが表示された状態でのシャットダウン出来ない現象は、
Windows Server 2003 と、Windows 2000 SP3 以降 におけるこれらOSの Winlogon の制限事項に起因した動作になります。
また、この制限事項はスケジュールによるシャットダウンについても同様となります。

このログオン画面とはWindowsの起動時やログオフ時に[Ctrl]+[Alt]+[Del] を押した後のユーザ名、パスワードの入力可能な画面を指します。

OSの[管理ツール] - [ローカルセキュリティの設定]から「セキュリティオプション」の「対話型ログオン:Ctrl+Alt+Delを必要としない」を "有効"に変更した場合には、そのポリシーの設定によりコンピュータでログオフの状態時に必ずこのログオン画面(ユーザ名入力待ちの画面)の状態となり、この状態で電源障害が発生してもシャットダウンをOSが受け付けません。

尚、通常設定の環境下において、[Ctrl]+[Alt]+[Del] を押した後、ユーザ名入力待ちの画面については数十秒後には、元の[Ctrl]+[Alt]+[Del] 押下待ち画面に戻るOS側の仕様となっています。

【回避策】
PowerChuteを使用する環境においてはOSの「対話型ログオン:Ctrl+Alt+Delを必要としない」の項目を有効に設定変更しないよう運用ください。
また、ログオン画面(ユーザ名入力待ちの画面)の状態でコンピュータを放置しないようにしてください。

尚、Windows XP Professional x64 Edition 上でコンピュータがドメインに参加していない場合 は以下の手順で 「常に従来のログオンを使う」 を有効にしてください。
1.コマンド プロンプトで、gpedit.msc を実行します。(グループ ポリシー オブジェクト エディタ を開きます。)
   prompt> gpedit.msc
2.左側のツリー メニューから以下の場所に移動します。
ローカル コンピュータ ポリシー > コンピュータの構成 > 管理用テンプレート > システム > ログオン
3.「ログオン」 にある 「常に従来のログオンを使う」 を有効にします。

これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?