{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Smart-UPS LCD 2200(SMT2200J), 3000(SMT3000J)のフロントベゼルを取り付ける際の注意点

SMT2200JとSMT3000Jのフロントベゼルを取り付ける際の注意点について説明しています。

 

SMT2200JとSMT3000Jでは、フロントベゼルを取り付ける際に樹脂製のフロントベゼルがバッテリケーブルと接触します。
このフロントベゼルとバッテリケーブルが接触し、ケーブル外被の表面に傷がつくことを防ぐために
バッテリケーブルに対し、保護チューブで覆っております。

フロントベゼルを取り付けた際には、この保護チューブに傷が入ることがありますが、仕様上問題ございませんのでそのままご利用ください。

※保護チューブの破れは、ケーブルの機能に影響するものでなく感電等の危険につながるものではございません。
 

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。