{}

シュナイダーエレクトリックのブランド

Impact-Company-Logo-English Black-01-177x54

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。

FAQを参照する

PowerChute シリアル接続時にサーバーとUPSの通信が切断される・確立しない

Smart-UPS LCD SMTシリーズ, Smart-UPS X SMXシリーズ, Smart-UPS SRTシリーズとサーバーをシリアルケーブルで接続し、
PowerChute Business Edition, PowerChute Serial Shutdown for Businessを使用する場合に
一部のサーバーではシリアルポートを使用するマネージメント機能の影響によりUPSとPowerChuteの通信が途絶える、使用できない場合があります。
また、その影響によってはUPSのLCDメニューからの操作ができなくなる場合があります。



【現象】
Smart-UPS LCD, Smart-UPS SRTシリーズとサーバをシリアルケーブル接続し、
PowerChuteを使用する場合に一部のサーバーでは以下の現象が発生することがあります。

(1) PowerChute Business Edition, PowerChute Serial Shutdown for Businessのインストール時に
UPSが認識できずインストールが完了しない。
(2) PowerChute Business Edition, PowerChute Serial Shutdown for Businessの使用中に
UPSとの「通信切断」が発生し、それ以降シリアル通信が回復しない。
(3) サーバーの再起動後、PowerChuteがUPSとシリアル通信を確立することができない。
(4) 上記(1)-(3)のいずれかが発生後、UPSのLCDメニュー操作を受け付けない。


【要因】
一部のサーバではシリアルポートを使用する管理機能を持っており、
この機能が有効になっている場合にシリアルポートが占有されることで、UPSが接続されているシリアルポートの通信が停止することがあります。


【対処方法】
現象、(4)のUPSの操作が無効になる状態が発生した場合には、UPSのシリアルケーブルを外したうえで、
UPSのバッテリコネクタを外し、入力プラグを抜いてUPSを完全停止し(ブレインオフ)、再度起動してください。

なお、サーバーによってはOS再起動では、シリアルポートからシグナルを出し続けていることから、
UPSの完全停止の際にはサーバーについても再起動ではなく、一度電源オフにしたうえで、UPS、サーバーの起動を行ってください。


【回避策】
回避方法として下記のいずれかでご使用ください。

1. シリアルポートを使用しているサーバーの管理機能を無効にしてご使用ください
2. USB接続でご使用ください

・サーバー搭載の管理機能の設定によってシリアルポートをUPSで正常に使用できない場合には
通信方法をUSBケーブル接続に切り替えてください



参考 (サーバーベンダーの情報):

[HPE社製ProLiant サーバー]

HPE社製ProLiant サーバーについては、特定機能を無効にしていただいたうえでUPSと接続していただく必要がございます。

下記のような情報が公開されているかと思われます。

HP ProLiant サーバ ー- 内蔵Lights-Out(iLO)のシリアルコマンドラインインターフェースを有効に設定するとシリアルポート(COMポート)経由の通信が停止することがあります(改版)
HP UPS - サーバーとUPSをシリアル接続後、HP Power Manager (HPPM) で認識しない場合の確認事項
HP UPS マネジメントモジュール (MM) - 管理ソフトウェアをシリアルケーブル接続で使用する際の設定方法

などナレッジベースが公開されていますので、詳細はベンダー様の情報をご確認ください。



[IBM社製 System x サーバー]

(1) pDSAの影響
IBM社製 System x サーバーの例として過去に「Installation and Service Guide」内に下記の情報が公開されておりました。

Chapter 4. Troubleshooting
- Troubleshooting by symptom
- Serial port problems
- Table27
pDSA使用時にはコンソールメッセージがシリアルポートへ出力されるため、シリアルポートに接続された外部機器に影響を与えることがあります。
対象の場合には、pDSA使用時のみUPSとの接続を外す、あるいは上記ページのActionに従い、シリアルポートへのメッセージ出力を無効にした上でUPSと接続して下さい。

(2) 「Remote Console」機能の影響
IBM製 System xServerのBIOSで「Remote Console」設定が「Enable」の場合はUPSに影響を与えることがあります。
例: BIOS設定「System Configuration and Boot Management」から「System Setting」-「Devices and I/O Ports」-「Console Redirection Setting」-「Remote Console」

(3) BoMCの影響
BoMC(Bootable Media Creator)を用いて作成したISOからの起動時にUPSがハングする。
BoMCでの起動の際には、予めUPSとのシリアル通信ケーブルを外してください

上記の例など、各種サーバーの管理機能、シリアルポート占有に関するナレッジベースが公開されていますので、
シリアルポートに関するトラブルの詳細はご使用されているサーバーのベンダー様の情報をご確認ください。

Schneider Electric 日本

詳細を見る
詳細を見る