{}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

PowerChute Business Edition v9.1.1の初期設定について

PowerChute Business Edition v9.1.1を初回起動時の初期設定について説明します。

PowerChute Business Edition v9.1.1をインストールした際には、初回の起動の際に初期設定が必要となります。
初期設定の手順は以下の通りです。

【初期設定方法】
1. 対象デバイスを選択

PowerChute Business Editionコンソール画面から、対象デバイスを右クリックを押下し、プロパティを選択します。

image.png



2.初期設定画面が表示されます
ブラウザが起動します。初期セットアップ画面が表示されたら"次へ"ボタンを押下します。

image.png



3. コンセントグループの設定
UPSの背面をご覧頂き、PowerChute Business Editionのエージェントをインストールしたコンピュータが接続されているコンセントグループを設定します。

image.pngimage.png



4. シャットダウンの設定
・ 電源障害設定
電源障害が発生した際に、シャットダウンシーケンスに移行するまでの時間を設定
設定結果は シャットダウンサマリの"電源障害が発生したときは"を参照してください。

・ OSとアプリケーションのシャットダウン
シャットダウンシーケンス中にコマンドファイルを設定する際はプルダウンメニューから選択してください。
※コマンドファイルは事前に対象のフォルダに保存してください。
デフォルトインストールで以下のフォルダとなります。
"c:\Program Files\APC\PowerChute Business Edition\agent\cmdfiles"


・ 電源が復旧したときには:
デフォルトでは0秒で即時起動となります。


本設定で、基本的な初期設定は完了となり電源障害が発生した場合は、シャットダウンサマリの通りにシャットダウンが実行されます。
ここまでで、ご希望にあう設定が完了しましたら"完了"ボタンを押下してください。
※ より詳細な設定をご希望の場合は、"詳細セットアップ"を選択頂くことも可能です。


このFAQはお役に立ちましたか?

詳細を見る
詳細を見る