{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

バッテリの劣化について

ここではバッテリ寿命に大きく影響する要因を説明します。
バッテリは使用しているうちに徐々に劣化していきますが、バッテリの寿命に影響する要因は大きく分けて2種類あります。

1. 電気的使用状況 (放電/充放電回数及び放電の深さ)
供給電源のふらつき等によりUPS(無停電電源装置)がバッテリ運転に頻繁に切り替わる場合には、バッテリの充放電を繰り返すこととなりバッテリの劣化が早まる大きな原因になります。
UPSは万一の停電が発生した際にバッテリを用いて電源を生成することにより負荷機器をサポートし、必要な場合には安全にコンピュータ機器をシャットダウンさせる為の製品です。
常時電源が不安定な環境の場合はバッテリは急速に劣化する為、地域の電力会社もしくは電気工事担当会社にご相談のうえ、電源環境を改善していただくようお願いします。

2. 周囲温度 (20〜25℃で空調が有効に効いている環境が最適)
UPSの使用可能周囲温度は0〜40℃ですが、UPSの使用環境温度としては、サーバールームのような20〜25℃で空調が有効に効いた環境を想定しています。
特にバッテリ寿命は周囲温度が10℃上昇する毎に半減する(急速に劣化する)性質を持っています。
そのため、20〜25℃で空調が有効に効いている環境に対し、温度が高い場合にはバッテリの期待寿命は減少します。

尚、バッテリは上記にかかわらず経年によって性能は低下していきます。予防保全のためにも、バッテリは必ず定期的に交換してください。
定期交換につきましてはDocumentID:010104150437KIを参照ください。

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。