{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Symmetra RMのコンピュータ・インターフェイス・ポート

Symmetra RMのコンピュータ・インターフェイス・ポートの説明です。

この図はSymmetra RMのコンピュータ・インターフェイス・ポートの説明図です。技術的知識があれば、インターフェイスの制約や機能を確認して様々な用途に利用することができます。

■ピン3、5および6は、オープンコレクター出力
    トランジスタの最大定格は無誘導負荷で+40Vdc、+50mAである。ピン4をコモンとして使用する。

■ピン2の出力は、UPSがバッテリ電源稼動状態になるとRS-232の電圧レベルがLOからHIになる。通常はLOレベル

■UPSは商用電源障害時(バッテリ電源稼動状態時)、4.5秒間継続してRS-232のHIレベル電圧がピン1にかかるとUPSオフ待機時間(Turn Off Delay)経過後スリープモードに移行する。

■ピン7に瞬間的(約1秒)にHIレベルのRS-232の電圧を供給すると出力が開始される(入力ブレーカがOFFの時には機能しません)。
    瞬間的(約1秒)にOV電圧を供給すると(ピン6-ピン9間短絡)UPSはOFFになり出力が停止する。通常ピン7は接続されないようにする(初期設定ではOFFさせる事はできません)。

■UPSの稼働中は非安定化+24Vdcがピン8から出力される。
    この時の最大出力電流は200mAである。

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。