{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

Symmetra RMに3500VAを超える100V負荷機器を構成する場合の注意点

Symmetra RMに合計3500VAを超える100Vの負荷機器を構成する場合、Step Down Transformer(SYTF2J)は2台必要になります。
その際の注意点は下記となります。

  • 上記構成時の最大接続負荷は5.4kVA以下となります。
  • SYTF2Jの最大出力定格は3500VAとなる為、1台のSYTF2Jに3500VA以上の負荷を接続しないよう負荷を分散してください。
  • Symmmetra RM本体の出力コンセント(NEMA L6-30R)は1個となるため、片方のSYTF2Jの入力プラグをL6-20Pへ変換しご使用ください。尚、本変換作業はお客様側にて行なうものとなります。

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。