{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

PowerChute Business Editionのサービス名, デーモン確認方法について

PowerChute Business Editionをインストールされた際に作成されるWindowsのサービス名ならびにLinux, Solarisにおけるデーモン確認方法の説明です。
PowerChute Business EditionのWindowsのサービスならびにLinux, Solarisのデーモンは以下のとおりです。

Windowsサービス
PowerChute Business Editionエージェント : 表示名: APC PBE Agent サービス名: APCPBEAgent
PowerChute Business Editionサーバ:      表示名: APC PBE Server サービス名: APCPBEServer
となります。
 

図. Windowsサービス画面例


■ Linux デーモン
PowerChute Business Edition のAgent デーモンの動作確認はデーモン起動時にPIDが記載されたファイルが作成されます。
その記載のPIDによりデーモンの動作を確認することが出来ます。

【PID No,の確認方法】
1. pbeagent.pidファイルを参照します。
# more /etc/pbeagent.pid <Enter>
  ここで表示された PID を控えてください

2. プロセスを参照します。
  1.で控えたPIDが存在することを確認してください。

# ps -ef | grep **** <Enter>
ここでの****は1.で控えたPIDとなります。

・応答例:
PID が 1234 の場合(xxxx, yyyy, zzzz はそれぞれ別の数値)
 
 
# ps -ef | grep 1234
root 1234 xxxx 0 01:10 pts/0 00:00:00 /bin/java/jre/1.4/bin/java -Dpid
root yyyy ZZZZ 0 01:11 pts/0 00:00:00 grep 1234

上記のようなjavaのプロセスが表示に上がっている場合には、PowerChute Business EditionのAgent が動いていることを指します。
(PowerChute Business Editionはjavaのプロセスとして表示されます)

■ Solaris デーモン
上記Linuxと同様の方法で確認可能です。


 

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。