{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}

FAQを参照する

{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}

Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ) 電源障害時にNASをシャットダウンできますか

Smart-UPS LCD (SMT/SMXシリーズ)とNASを連動させ電源障害時にシャットダウンを検討される際の構成上の確認ポイントを説明しています。

【事前に確認する項目】

1. NASに搭載されているOS :   NASに搭載されているOS (Windows Storage Server  / NAS独自のOS / LinuxベースのOS など)
2. 通信方式              :  UPSとNAS間で可能な通信方式(USB / シリアル通信 / ネットワーク通信)
3. OSバージョン               :  NASに搭載された OSがWindows Storage Serverである場合、そのバージョン

※各確認項目はNASメーカー様のWebページにてご確認ください

Windows Storage Server搭載のNAS

弊社オプションの電源管理ソフトウェア(PowerChute)を導入しNASとUPSとを通信し電源管理が可能です。
ソフトウェアは2種類あり通信方式とOSバージョンを確認することで選択ソフトウェアとNASにソフトウェアを導入可能か確認することができます。


1) 通信方式
UPSとNAS間で通信可能な通信方式が
USBもしくはシリアル通信、ネットワーク通信のいずれかで選択いただくソフトウェアが異なります。

USBもしくはシリアル通信の場合: PowerChute Business Editionが選択可能
ネットワーク通信の場合    : PowerChute Network Shutdownが選択可能


2) OSバージョン
NASに搭載された Windows Storage Serverのバージョンにより各ソフトウェアが導入可能か確認します。
対応OSはPowerChuteシリーズ 対応OS表を参照ください。
PowerChuteシリーズ 対応OS表

注意点:PowerChute Network Shutdownを選択される場合は
別売のオプションカードNetwork Management Card 3 (型番: AP9640J または AP9641J)をUPSに装着する必要があります。

NAS独自のOSやLinuxベースのOSを搭載したNAS

LinuxベースのNASにはソフトウェアのインストールができませんが、NASに弊社のUPSと通信するプログラムを導入されている場合が多くあります。
動作確認済みのUPS型番、ならびに接続方法、設定方法につきましてはNASメーカー様にて公開されている情報を参照ください。


[構成について]
NAS独自のOSやLinuxベースのOSに用意されているUPSと通信するプログラムと弊社PowerChuteを同じUPSで混在させてUPSを制御することができません。
PowerChuteをインストールしたコンピューターとNAS独自のOSやLinuxベースのNASは、それぞれUPSを分けてバックアップしてください。

詳細を見る
詳細を見る

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。