テクニカルFAQ

質問

富士通株式会社製 PowerChute Business Edition v10.0 へのアップグレードについて

このページでは、富士通株式会社製 PowerChute Business Edition v10.0 へのアップグレードについて説明しています。
 
【対象製品および対象バージョン】
PowerChute Business Edition Basic v9.1.1 (v9.0.3), v9.2.1 (v9.0.4) 
 
富士通株式会社より販売されている以下の型番 ※1
  • B5140R56C
  • B516B1AH1
  • B5142C11C

【アップグレードプログラムの提供時期と提供方法】
アップグレードプログラムについては、2019年1月下旬より本ページよりダウンロード版として無償提供いたします。※2
 
※1 シュナイダーエレクトリック株式会社およびその他のベンダーより販売されている上記以外の型番については、本ページによる案内の対象外となります。
※2 アップグレードプログラムの無償提供は、原則として対象バージョンの購入から2年以内のライセンスへの適用に限定させていただきますが、Oracle Java の商用ライセンスが有償化されることによるOpenJDK環境への移行推奨となりますので、購入から2年以上のライセンスにつきましても、ご使用のシステム環境に応じて本アップグレードプログラムを適用してください。
 
公開日:2019年1月7日
これは役に立ちましたか?
私たちは情報を改善するために何ができるのでしょうか?