{"searchBar":{"inputPlaceholder":"キーワードを入力して「検索」ボタンをクリック","searchBtn":"検索","error":"キーワードを入力してください。"}}
{}

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ

シュナイダーエレクトリックのWebサイトへようこそ。
 

ロケーションを選択

Welcome the the Schneider Electric French website. It looks like you are located in the United States, would you like to change your location?

Traduisez en francais
{"support":{"yesButton":"はい","noButton":"いいえ","feedback":{"title":"改善するために何かできることはありますか?"},"submitButton":"送信","successMessage":"フィードバックありがとうございました","title":"このFAQはお役に立ちましたか?","feedbackPercentLabel":"の人が役に立つと回答","captcha":{"error":"ボックスをチェックしてください"}}}
FAQを参照する

PowerChute Business Edition "通信切断"イベント (シリアルケーブル接続)

シリアルケーブル接続時のPowerChute Business Editionにあがる"通信切断"イベントについての説明です。

イベント概要:
PowerChute Business EditionエージェントとUPS間の通信が失われた場合のイベントとなります。
イベントの発生条件としては

1. UPSのケーブルが抜けている等、UPSと通信ができない時
2. UPSから受信したデータが正しくないと判断された時

これらを検知した際に記録されます。
2.の場合にはコンピュータ本体の動作(CPU占有率、周囲I/Oの状況等)により、UPSのデータが受信できない場合が考えられます。


イベント動作:
PowerChute Business Editionでは通信状態を常時監視しており、"通信切断"に対して通信状態が回復すると "通信確立" が記録されます。


対処方法:
30秒以内に"通信確立"が記録されていれば運用上問題は生じません。
復旧までの期間がこれよりも長い場合にはその解消のために通信切断の間においてコンピュータを占有しているプロセスがないか確認ください。
"通信切断"のまま復旧しない場合にはUPS、コンピュータ本体それぞれのケーブルの接続確認、また、コンピュータの再起動での通信復旧を確認ください。

尚、PowerChute Business Editionを使用しているUPSにNetwork Management Cardを装着している場合には
Network Management Cardの動作状況により通信切断のログが記録されることがあります。

お探しのものが見つかりませんか?

カスタマーケアチームに連絡して、テクニカルサポート情報や問い合わせへの対応を依頼してください。